万が一に備えるWordPressの完全バックアップと復元手順

万が一に備えるWordPressの完全バックアップと復元手順のアイキャッチ画像

WordPressで制作したコンテンツは、データベースに保存されるため、不慮の事故でWordPressのデータベースが消えてしまった場合、なんらかの備えをしておかないと復元する術がありません。

そんな万が一の時に備えWordPress復元できるデータのバックアップを取っておくと安心です。

WordPressのバックアップ

データベースのバックアップ

まずデータベースのバックアップからです。phpMyAdminが使える前提です。

  1. phpMyAdminにログイン
  2. 該当データベースを選択
  3. エクスポートからsqlをダウロード

なれれば1分もかからない作業です。

phpMyAdminからバックアップ

ファイルのダウンロード

サーバーに接続してWordPressをインストールしたディレクトリ一式をダウンロードします。

差分管理が出来る方は、以下のだけでも大丈夫です。

  • WordPressディレクトリ/wp-content/themes/使用中のテーマ
  • WordPressディレクトリ/wp-config.php
  • WordPressディレクトリ/wp-content/plugins

サーバーへの接続はFTPソフトかSSHで行います。FTPソフトの方が手軽ですが、速いのはSSHです。

MacのFTPソフトは有料ですがTransmitがおすすめです。使ってみればすぐ違いがわかるのですが通信がとにかく速いです。

FTPソフトの注意点

FTPソフトでサーバーに接続される際は、FTPSかSFTPで接続します。FTPは通信が暗号化されていないので、危険です。FTP接続しか使えないサーバーの場合はサーバー担当者に使えるようにしてもらう。もしくは、サーバー自体変更することをおすすめします。

WordPressの復元手順

WordPressを復元する手順は

  1. FTPソフト or SSHでダウンロードしたファイルをサーバーにアップロードする
  2. バックアップしておいたSQLをインポートする

意外にシンプル!

面倒なのがネック

紹介した手順をみればわかると思うのですが、そんなに難しい作業ではないのですが、面倒くさいんですよね。

まぁでも最悪データベースが飛んでしまって、バックアップが無いことの方がもっと面倒くさいので、大事なコンテンツを守るという意識で取り組みましょう!

これ完全に自分に向けてるかも・・・・