Webサイトの適正価格

ホームページ作るのっていくら掛かるの?

よく問われる質問です。要件によりますので、いくらって即答はむずかしいです。逆に予算を伺えばそのなかで最善の提案ができますので、話しがスムーズに進むことが多いです。

サイトの質は価格に比例するの?

制作時点でのサイトの質は価格に比例します。原価の大半は人件費ですので、高価になればなるほどサイト制作に割り当てれる人員も時間が多くなりますので、あらゆる面で安価なサイトを上回ります。

時間をかければいいサイトができますか?

お客様と我々制作者が意見を交換しあいコンテンツを企画・構成する時間を多くとればそれなりに成果の望めるサイトが制作できます。ブランディングが目的の場合はそれに伴いデザインに掛かる時間も必要になります。 デザインにこだわったところで、ホームページの成果は変わらないと言われますが、最近デザインリニューアルしたお客さまから早速反響があったと嬉しいご報告をいただきました。それはお客様とデザインコンセプトに関しても詰めて話し合い、サイトの目的にそったデザインに仕上がったからだと思います。 時間をかけるというのは単純に作業に掛ける時間ではなく、目的達成するための最善のシミュレーションをたてることだと思います。

短期間でいいサイトは制作できるか?

できないとは言いたくありませんが正直厳しいです。期間が短くなればなるほど調査やシミュレーションに時間をとれなくなりますので 制作時点での質は時間をかけたサイトには及ばないことのほうが大半です。すべての情報がそろっていて、ただ制作するだけであれば、質の高い制作物として短期納品することは可能です。

ホームページの適正価格って?

予算に合わせその中で最善のものを制作させていただきますので、正直適正価格はありません。10万円の予算であればその予算内で最善の提案をさせていただきますし、100万円のサイトであれば、企画、構成、デザインや仕掛けなどできる範囲が広がりますので、もう一段階上のご提案が可能になります。やはり高価なサイトよりも安価なサイトのほうが制作は難しいです。ビジネスとして制作する以上価格以上のことをするのはプロ意識としては疑問に感じます。ですが知識的、技術的にはできることをセーブして制作するわけですから、やはりジレンマはあります。