MacとiPhoneのテザリングのセキュリティ

MacとiPhoneのテザリングのセキュリティのアイキャッチ画像

テザリングが使える前は、モバイルwifiを使っていましたが、テザリングを使える今はそんな必要も無くなりました。で、気になるのがテザリングのセキュリティです。

テザリングのセキュリティ

お仕事柄、出先でちょいとFTPに繋げれると便利だし、Wordpressの管理画面に入りたいシーンも結構あります。両情報共に、「ハックされちゃた。テヘ」で済まされない情報なので、セキュリティには細心の注意をはらいたいところです。iPhoneからの通信は暗号化されていますし、キャリアのセキュリティは強固ですので、そこは考慮しないものとします。

3つの接続方法

MacからiPhoneのテザリングを利用するには、3つの接続方法があります。

  • ライジングケーブル
  • ブルートゥース
  • wifi

Lightningケーブル

言うまでもなく1番安全なのはライジングケーブルです。有線ですからね!ただ、ケーブルがつながってるのって地味に不便だと思います。

Bluetooth

Bluetoothは事前にペアリングが必要で指定の機種同士での通信になりますので、安全性は高いです。ただ他の接続方法よりも通信速度は遅いです。あとブルートゥースのヘッドセットが接続時に音切れします!そして消費電力が少ないのも特徴です。

WiFi

WiFIはWAP2パーソナルで接続されているので安全なパスワード、16桁以上の英数の乱数を設定して利用すれば、まず大丈夫と思われます。ただ、ネットワーク名が隠せないのが、ちょっと気持ち悪いかもしれません。

とまぁざっと調べてみた感じ、どの接続方法でも、セキュリティ的には大丈夫そうですね。