記憶力と集中力

記憶力と集中力の関係は密接なのでしょうか?集中とは意識して行えている状態のことでしょうか?それとも無意識で行っていることの状態でしょうか? 無意識のほうが記憶は定着する的な記事を読みました。だとすると意識しての集中力よりも無意識で集中しているほうが記憶が定着しやすいということになります。 なんとなくそれは理解できます。デザイン中やギター演奏中、スクリプトを考えていいると、たまにスイッチが入ることがあります。スイッチが入っている間は、なんといいましょうか、とてもクリアな感じで、インスピレーションが刺激され、とても心地よい状態です。そしてスイッチがはいった状態で習得したスキルの定着性は、なかなかなもので、僕を錬成する一部としてとけこんでおります。残念ながらそのスイッチのオンオフをコントロールすることは僕にはできません。

普通に思ったのですが、そのスイッチのオンオフを自在にコントロールできるようにトレーニングをすれば記憶力の問題は解決するのではないのでしょうか?あの悟空でさえも自分の意思でスパーサイヤ人になるには相当苦労したといいますから、自分の意思で特殊な状態に入るのは容易なことではないのは想像できます。ぼくがそのスイッチをオンにしても1年後に襲来するサイヤ人を倒す事はできませんが、今よりも、なりたい自分になれることは確かです。ここ最近で学んだ経験でいくと「容易なことではないの」と思い込むのは、駄目なポイントですね。つまりは自分を信じて、できるつもりで行動するようにこころがけるのが今の最善ですね。すごく興味のあるジャンルなので今後も色々調べていくのですが、今回はすごく光明がさした気がします!